メイクに1時間

大人になってから出来るニキビと対処法について

思春期に、ニキビに悩まされた方はかなり多いのではないでしょうか。

 

皮脂の分泌バランスがうまく整わない思春期は、お肌のトラブルもやはり多いものです。

 

しかし、大人になっても「大人ニキビ」に悩まされる方も多いです。

 

ストレスや、日々の食生活などによって、大人でもニキビが出来ることがあります。

 

もしも大人ニキビが出来てしまった場合、スキンケアで注意をすべき点をいくつかピックアップしてみました。

 

まず、クレンジングについては、メイクをしている場合はその日のうちに必ずするようにして下さい。

 

また、休日に外出などを行わない場合はメイクを控えましょう。

 

メイクをしない、ということなので、その日はクレンジングもお休みしましょう。

 

クレンジングが終わると洗顔です。

 

洗顔では、洗顔フォームをよく泡立てて、その泡で顔を洗うようにして下さい。

 

ゴシゴシと、顔をこするような洗い方を行うと、こする刺激で炎症を起こしてしまうので、止めるようにしましょう。

 

大人ニキビ対応の洗顔フォームなどを使うと、尚よりよくニキビケアを行うことが出来るのでお勧めです。

 

洗顔後は化粧水を付けるのですが、殺菌作用・抗菌作用の成分が配合されているものを使うのが良いです。

 

洗顔フォームと同じく、ニキビケア用の化粧水が市販されているので、それを利用してみましょう。

 

乳液や美容液の場合も同じです。

 

スキンケアをする時に注意して欲しいのですが、もしも赤みを持って腫れているニキビがある場合は、その部分には化粧水や乳液などはつけないようにしましょう。

 

赤みや痛みが悪化してしまう可能性があります。

 

そして、赤かったり、膿が溜まっているようなニキビを手で触ったり、潰したりしないように。

 

潰した痕がクレーターのように残ってしまうと、スキンケアだけでは消すことが難しくなってしまいます。

 

刺激をせず、あくまで優しくケアを行うのは、ニキビケアでは大前提ですね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

大人ニキビは、治すのに少し時間が必要です。

 

けれど、根気よくスキンケアを続けていけば必ず美肌になれます。

 

ゆっくり自分の肌と向き合って、ニキビ知らずに美肌を目指していきましょう。